歯科衛生士の専門学校について学ぼう

歯科衛生士とは一体どんな事をするの?

歯科衛生士とは一体どんな事をするの? 歯科衛生士とは、患者の口の中の健康をサポートする仕事で、専門学校などで一定の教育を受け、国家試験に合格した人がなれるものです。
どんな仕事をするかというと、歯垢や歯石などの歯の汚れの除去や虫歯予防のためのフッ素塗布を行います。
歯の汚れは歯垢となり、それを除去できずにいると歯垢となります。
歯垢は歯ブラシで取り除くことが出来ないので、専用の器具によって歯科衛生士が取り除く必要があるのです。
こうした口の中の清潔を保つ手伝いをするのが主な仕事です。
他には、歯科保健指導です。
これはどんなことかというと、虫歯や歯周病にならないために大切なことは歯ブラシなので、その歯ブラシの仕方を細かく指導します。
普段きちんと歯ブラシをしていてもきちんと磨けていないことが多いものです。
それを改善するために、歯ブラシの歯にあてる角度や動かし方、力の入れ方、正しい磨き方などを身に着けるように指導していく仕事です。
これは歯科医院内だけでなく、保育園や学校、老人施設などに出向いて指指導することもあります。

歯科衛生士の現状

歯科衛生士の現状 歯科衛生士とは、歯科医師の補助業務に就くことが許可されている資格のことです。
医療的な知識、専門的な技術が必要であることから、歯科医療における看護師的立場と理解することができます。
大学などの養成校で専門教育課程を修了し、国家試験を受験してそれに合格することで、歯科衛生士の資格は取得することができます。
そんな歯科衛生士の現状ですが、これは社会からのニーズがとても高い状態にあると言うことができます。
その理由として、ひとつは口腔内の健康に対する人々の関心、意識が高くなってきているためです。
口腔内の健康が全身の健康や、認知症や糖尿病にも深く関係していることが明らかにされた昨今で、歯科衛生士は、口腔内の健康を維持するための知識や技術を有している資格だと言えます。
そのため歯科診療分野からは勿論のこと、高齢者施設や教育機関などからもニーズが高い状態にあると言う現状です。
また結婚や出産などに伴い、有資格者が退職してしまうケースも少なくないと言うことも、ニーズが高い要因のひとつだと言われています。

新着情報

◎2017/6/27

歯科衛生士とは?
の情報を更新しました。

「歯科 現状」
に関連するツイート
Twitter